健康に良い食生活とは何か?かなり迷いますし、情報に惑わされてしまうこともしばしばですが、自分を知ることが大切

日々の食生活が健康のみなもとです

日々の食生活が健康のみなもとです

医食同源健康に良い食生活

健康に良い食生活に関しては情報があまりにも多くて、迷ってしまいます。
人間の身体を維持するために最低限の食事の他に、健康増進のための食品はきりがありません。どんな食事をしたら良いかというより、とにかく適度な運動も大切です。

そして、一番大切なことは自分の体質を知るということです。

マネではなく、自分にあった食事習慣を見つけることだと思います。
私の祖父は100歳の誕生日の1週間前になくなったのですが、かなり自由な食生活でした。
食事は一日に2回。基本はご飯食でしたが、味付けはかなり塩からく、量は大目。野菜は殆ど食べていませんでした。
日本酒は一日1合、タバコは20本。
でも、祖父はとにかく栄養価の高いといわれるものばかり食べていました。
決して、健康的とは思えなかったのですが、祖父はいくら言ってもききませんでした。

とにかく、身体を使った仕事を80代までしていたので、いくら食べても消費されていたようで、身体はひきしまっていました。
とにかくたんぱく質はかなり摂っていました。
私は祖父を見習って、たんぱく質はかなり摂るようにしています。
100歳になった時には、流石に胸部の筋肉は落ちてダラリとなっていましたが、手足のハリはかなりありました。
ただ祖父は裏山から採ってきた笹の葉を煎じたものをお茶かわりに飲んでいました。
それが野菜のかわりになっていたのでしょうか。私も真似をして、笹の葉のお茶を飲んでみましたが、お腹の調子が悪くなってしまい、諦めました。
とにかく、自分の身体にあっていないものはいくら健康に良いといわれても無理だと思いました。
関連情報

Copyright (C)2017日々の食生活が健康のみなもとです.All rights reserved.